プランサーバー物語 高気密・高断熱への挑戦

高性能住宅が普及しない理由

もともと高コストの住宅を普通の家と同じコストに近づけて造るため、技術バカの経営するわが社の利益は無くなり、

バブルの崩壊とともに経営難に陥る羽目になった。

商売とは難しく「良い家」が売れるわけではなく、「良い家だ、と思われた家」が売れる現実がある。

「なんであんな家が?」と思える家もテレビのコマーシャルで売れていきます。

実際の家づくりと大きくかけ離れた豪華なモデル住宅で錯覚して、契約される方の話もよく聞きます。

豪華なカタログに目が眩んでしまい、自分の予算でも出来る、と誤解して契約される方も沢山いる。

建築のことなどほとんど知らない、ホストクラブのお兄さんのようなハウスメーカー営業マンのしつこい訪問活動で契約される方もおられます。

どれだけの人が住みごこちを基準に家を選ばれるのでしょうか?

どれだけの人が耐久力を基準に家を選ばれるのでしょうか?

家は健康で快適で高耐久であるべきなのに!

そして現在では地球に優しい省エネ住宅が求められています!

すべてを可能にする高気密・高断熱住宅も住んだことのない人に理解していただくのは難しく、現実はイメージ戦略の上手な、言い換えると誤解と錯覚を起こさせるのが上手な

ハウスメーカーの家の方がよく売れるのです。

社員ですら自社の事務所を高気密・高断熱で建て、実際に体感するまで本当には理解していなかったのですからしかたのないことではありますが・・・。

これから住宅を造られる方は、実際に住んでおられる方の家を訪ね、住みごこちを聞いて欲しい。

次世代省エネ基準程度の性能で高気密・高断熱と称している住宅もありますが基準はせめてC値=2c㎡/㎡以下で、出来ることなら1.0c㎡/㎡以下。

Ⅳ地域ならⅡ地域の省エネ基準Q値=1.9w/㎡kをクリアーした家であって欲しい。

現在では気密のための資材も簡単に手に入り、Ⅳ地域基準を満たすことは経験をつんだ工務店には簡単です。

私としては、最低でもその程度の性能は出すべきだと思っています。

ページのトップへ