これからの家

家はもっと進化する 近未来の家「スマートハウス計画」スタート!

地球温暖化への緊急の対策が求められる今、大切なエネルギーを賢く使いながら住宅に関するCO2排出を大幅に削減する、次世代住宅への取り組みが始まっています。そこで私たちは、暮らしに必要なエネルギーを最小限に抑えるための、気密性・断熱性のさらなる向上はもちろんのこと、家のどの場所にどれだけエネルギーを使っているのかが一目で分かる「エネルギーの可視化」など、エネルギーの効率的利用のための機能を備えた家を考えました。自分で考えて管理する賢い家、それがプランサーバーが創りだす「スマートハウス」です。

3.11の震災以降エネルギーに対する考え方が変わってきました。我々の住む中四国地方にも何箇所か原発があります。瀬戸内にも原発が作られようとしていたことを知りました。家作りの考え方を少し変えるだけで、もしかしたら原発の一基ぐらい動かさなくてもいいかもしれない。今小さな子供達が育つ家だからこそ「未来へ続く家」を一緒に考えていきましょう。

プランサーバーの考えるスマートハウス

プランサーバーの考えるスマートハウスは一般的に言われているスマートハウスとは少し違います。

何がどう違うのか考え方を比較してみましょう

一般的なスマートハウスのイメージ

太陽光パネルと蓄電池でエネルギーを作ってHEMSなどで管理
スマートフォンを使って色々なものを操作
省エネ家電と呼ばれるもので家全体を省エネ化
なんとなくハイテクで省エネなイメージ
建物の躯体性能は従来とほぼ同じ

プランサーバーの考えるスマートハウス

断熱性能を上げて無冷暖房が可能な家にする
日射や風を上手に取り入れてより快適にする
もちろんHEMSなどで管理はするが
そもそも光熱費はかからない性能になっていて
機械に頼らないから壊れることがない。
驚くほど快適←これが一番重要

ページのトップへ