断熱材について

断熱材の種類

色々ある断熱材ですが、どれがよくてどれがいいのでしょうか?
プランサーバーで使用する断熱材はおおきくわけて3種類あります。

グラスウール

一般的に使われる断熱材です。
メリットは他の断熱材に比べて安価。デメリットは施工店によって性能が出し切れない!
最近ではグラスウールは性能が悪い悪者のように扱われている一つの原因です。
でもそれは大きな間違い!!グラウスウールの密度を上げることによってウレタンレベルの性能を出す事だって可能です。
実際北海道や東北などの厳しい地方の断熱材はグラスウールが使われています。
グラスウールはよくない断熱材と言う=キチンと施工する力がないと言っても過言ではありません。

グラスウール

ウレタン系断熱材

パネルになったり、吹き付けられたり、少し前から出てきた断熱材です。
メリットは一定の性能を出しやすく、気密もとりやすい。
デメリットはコスト高め。。
コストを考えた時に少し高めになってしまいますが、住まわれている方は皆様満足されています。

ウレタンパネル
吹き付けウレタン

セルロースファイバー

最近よく聞く紙が原料の自然派断熱材。
メリットは自然素材なので、・土に返る・アレルギーなどの心配が少ない・天井吹き込みの場合断熱欠損がすくない。
デメリットは性能のわりに高くなってしまう。
性能は高性能グラスウールと同じぐらい。

セルロースパネル

その他の断熱材

  • 麻の繊維を使った断熱材
  • 羊毛を使った断熱材
  • ロックウール

上記に上げた断熱材以外もプランサーバーは取り扱うことができます。

羊毛、麻、グラスウール、セルロースいろいろ

どれか一つの断熱材がいいわけではなく、みんなそれぞれいい所と悪い所があります。
プランサーバーは高気密高断熱住宅のプロとして、お客様に最適な断熱材を選定し提案いたします。一つがよくて他はだめ!そんな考えで断熱材を選ぶわけではないのでご安心下さい。
もちろん各断熱材は責任をもって隙間無く施工いたします。
断熱材が性能を発揮するには隙間無く施工するという事が必要不可欠です。

断熱性能比較

熱伝導率が低いほど性能の高い断熱材です
もちろん断熱性能を発揮するには隙間無く施工することが重要です。

材料名 熱伝導率
W/(m・K)
密度
(kg/m3)
対応規格
 住宅用グラスウール断熱材  10K相当 0.050 約10 JIS A 9521
        〃  16K相当 0.045 約16
        〃  24K相当 0.038 約14
        〃  32K相当 0.036 約32
 高性能グラスウール断熱材    - 0.043 約10
        〃  16K相当 0.038 約16
        〃    - 0.038 約14
        〃  24K相当 0.036 約24
        〃  32K相当 0.035 約32
        〃  40K相当 0.034 約40
 吹込み用セルローズファイバー断熱材  24K相当 0.040 25 JIS A 9523
        〃  45K相当,55K相当 0.040 45,55
 A種硬質ウレタンフォーム保温板  1種 0.029 35以上 JIS A 9511
        〃  2種 1号 0.023 35以上
        〃  2種 2号 0.024 25以上
        〃  2種 3号 0.027 35以上
        〃  2種 4号 0.038 25以上
 建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォーム  A種 1 0.034 - JIS A 9526
        〃  A種 2 0.034
        〃  A種 3 0.040
ページのトップへ