住みごこち

「いつもよりちょっと快適」を積み重ねて 最高の住み心地を創りだします

寒さや暑さを我慢することなく、何より快適に毎日を過ごしてもらいたい。そんな気持ちで、長年「高気密高断熱住宅」を研究し続け、住宅の基本性能アップに努めてきました。

最近でこそ「高気密高断熱」という言葉は一般的ですが、私達が研究をはじめた20年前には、工事を手掛けた大工さんでもはじめて扱う家だったようです。住宅の基本性能が高くなれば、家の寿命が延びるのはもちろん、室内は一年を通じて快適そのもの。光熱費にかかる費用は少なくなり、家計への負担も最小限になります。「夏は暑くて、冬は寒い」そんな当たり前だけど我慢していたことを1つずつ減らしていき、「最高の住み心地」を創りだします。

夏は涼しく冬はあたたか! 1年中 快適な家

最近耳にする機会が多くなった「高気密高断熱の家」という言葉。何となくは分かるけど、実は詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。簡単に説明するなら、「気密」は住宅に隙間をなくすこと、そして「断熱」は外部と住宅内の熱を遮断することをいいます。気密性・断熱性が高くなれば、外部との温度差は少なくなり、1年中快適な室温を省エネルギーで保つことが可能。つまり「冬のトイレやお風呂でゾクゾクする」「夏の夜はクーラーを切ったとたんに汗ダラダラ」なんて悩みも解消されるわけです。もちろん温度差によって生じる結露や、隙間があることで生じる騒音の問題も解決。無駄な光熱費を使わないのに、我慢せずに1年中毎日快適に過ごせる。それが、次世代省エネルギー基準をはるかに超える高気密高断熱性能をもつ「プランサーバーの家」なのです。

部屋間の温度差がないから健康的

高い気密性・断熱性を持つ当社の家では、外気やすきま風に左右されることがないため、足元だけがひんやりしたり、暖房で顔がのぼせたりすることなく、天井から床までの温度はほぼ均一に保たれるから快適です。また基礎から家全体を断熱していることで、浴室やトイレなど部屋間の温度差も少なくなり、急激な温度変化によるヒートショックを防ぐ効果も。冬場のトイレが寒いというのは、もう過去の話です。
※資料:部屋とトイレのサーモグラフ

プランサーバーの家

天井と床の温度差が少なく快適

一般的な家

天井と床の温度差が10℃を超えています

プランサーバーの家(トイレ)

全室同じ室温なのでトイレもあたたか

一般的な家(トイレ)

一般的な家庭では冬場はとても寒いトイレ

長く住み継がれる、がんじょうな家

高気密・高断熱住宅は、住む人だけでなく家にとっても良い環境なため、長寿命化の大きなポイントになっています。家中の換気が計画的に行われるため湿気がたまらず、温度変化が少ないので家の構造が劣化しにくいのが、その理由のひとつ。
もちろん、耐久性、耐震性、省エネ性を備えた「長期優良住宅」基準を全戸クリア。「フラット35s」にも対応しています。

基本性能を上げると、家にかかるコストは安くなる!

例えば初期費用が1800万円の家と、2000万円かかる家があったら、皆さんはどちらを選びますか? 「200万円も安いなら、やっぱり前者でしょ」と思いますよね。しかし、この200万円をとることで、今後60年の家にかかる費用が大きく変わってしまうとしたらいかがでしょう。例に挙げた1800万円の家が一般的な住宅であるなら、プランサーバーの家は2000万円の方です。そして差額の200万円は基本性能アップのための費用と考えて下さい。高性能の家を建てると初期費用は少し高くなりますが、一般住宅よりも長寿命な上、光熱費などのランニングコストはぐんと安くなり、トータル的にかなりお得になるのです。
家を建てる費用について考える時、多くの方は建築や設計にかかる初期費用のみに注目してしまいがちです。しかし建てる時に安くても、基本性能の低い家であればランニングコストは割高になり、トータル的には損をしてしまう場合も。つまり、建築費にくわえて、光熱費・メンテナンス費・リフォーム費などのランニングコストも含めた、家の生涯コストである「ライフサイクルコスト(LCC)」で家の価値を考えていただきたいと思っています。ライフサイクルコストの視点から見ると、一般の家とプランサーバーの家にかかるコストの差は一目瞭然ですね。
※資料:LCCについての3つの表

ページのトップへ